CodingFirst

C言語、Perl、JavaScript、最近はPythonも。出来上がったものより、プログラムを書くことが好き。あと、スイーツ。

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macbookがgrubも起動しなくなった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

Ubuntuが起動しなくなったけど、なんとか復旧した。

普段、MacbookにUbuntu入れて使って、
サスペンドのままにしとくことが多いんだけど、
最近、再起動してないし、アップデートもあったし、
一応、再起動しとくかなーとしてみたら、
grubで何かエラーがでて、プロンプトで止まった。
メッセージを見ると、bootだかなんだかが見つからなかったようだ。

アップデートで grubがおかしくなったかな?
じゃ、とりあえず再起動。
rEFItは出て、grubのメニューも出た。
リカバリーモードで立ち上げる。
Terminalで、grubをインストールしなおす。

$ sudo fdisk -l /dev/sda
(Ubuntuのパーティションを確認)

$ sudo grub-install /dev/sda3
(何やら、エラー)

--force を付けろ?それはちょっとやだな。
とりあえず、このまま再起動して様子みてみよう。

しかし、
ここで、rEFItは出るけど、grubメニューが出なくなった。
...ヤバ。悪化した。。

仕方ない、Ubuntuを入れたときの LiveDVD でブートしよう(とっといて良かった!)。
DVDを入れて、rEFItから LiveDVDのUbuntuを起動。
「コンピュータに変更しないで・・」の方を選ぶ。
起動したら Terminalから、

$ sudo mount /dev/sda3 /mnt
(とりあえず、HDD認識できた!)

$ sudo mount --bind /dev/ /mnt/dev
$ sudo chroot /mnt
$ sudo grub-install /dev/sda3

(何やら、/proc/devices が見つからないと大量のエラー)
(更に、--force を付けろという)

う。覚悟を決めるときがきた。。

...悩んでいても仕方ない。やってしまおう。
boot領域を強制上書きとなんかファイルのアップデートだったはず。
まぁデータが取り出せなくなることは無いはず。

$ sudo grub-install --force /dev/sda3
(インストールできたよ!というメッセージ)

再起動、無事、rEFItから grubのメニューへ。
ここではリカバリーでなくて、通常の最新版のブートを選ぶ。

無事、起動(よかったー!)




備忘録)
Macbookのバージョンは

$ sudo dmidecode -s system-product-name
MacBook2,1

↓Macbook関連はこのあたりの情報が役立つ。
https://help.ubuntu.com/community/MacBook




それはそうと、Linuxって、
WindowsやMacと違ってこういうトラブルに遭いやすい。
そんなときに慌てないためにも、
やっぱ Linuxのことをちょこちょこ勉強しといたほうがいいと思う。
下の本は、カーネル関係だけど薄くて、ライトな私にはオススメでした


Linuxカーネル徹底理解 (日経BPパソコンベストムック)Linuxカーネル徹底理解 (日経BPパソコンベストムック)
(2007/07/20)
日経Linux

商品詳細を見る
スポンサーサイト


★☆★コメント★☆★

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

非公開コメント様。

コメントありがとうございました。

お困りのことがありましたら、
わかる限りでいいので
もうすこし詳しい状況を書き添えてください。

コメントの投稿

Name
Subject
Mail
URI
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iyukki.blog56.fc2.com/tb.php/121-7936ca02

 | HOME | 

Search

Recent Entries

Foot Print



Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。