CodingFirst

C言語、Perl、JavaScript、最近はPythonも。出来上がったものより、プログラムを書くことが好き。あと、スイーツ。

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MR-C18BK(SDカードリーダ)を買った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

SDメモリカードリーダを新調した。

ELECOMのMR-C18BK。SDとmicroSDが挿せ、miniSDはアダプタが必要。SDHCのclass6まで対応でSDXCには非対応。対応メディアには Wii/DSi用のSDカードも読めるとあるのが面白い。

使ってみた感じ、小さいのがまずよくてSDとmicroSDが読めるのが嬉しい。データの読み書きに不足を感じないし、キャップやカードの抜き差しとかも問題ない。小さくできてていいと思う。


ELECOM メモリリーダライタ 直挿し SD系専用 ブラック MR-C18BKELECOM メモリリーダライタ 直挿し SD系専用 ブラック MR-C18BK
(2009/11/02)
エレコム

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ファミコンっぽいゲームパッドを買った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

最近、ふとゲームがしたくなるときがある。

ゲーム機買うほどじゃないので、パソコンでちょっとフリーのゲームをと。
でも、いざやってみると思うように動かなくてストレスがたまる。
キーボードなので仕方ない。
ゲームパッド買っちゃおうかな...
と、安く、小さめで、機能もシンプルで...と目に止まったのが

BUFFALO USB接続 8ボタンゲームパッド。ファミコン風。

他にも色違いや2コン風なマイク付きのモデルもあったので悩んだけど
赤の1コンが基本だろうとこれにした。

パソコンに繋げてみたら、そのままゲームで使えた。
一昔前のようにドライバがどうのこうと面倒なくていいな。
更に、意外にXY、LR付きの6ボタンで、連射ボタンも付いてるので、
大抵のゲームに対応できそうなのも良かった。

しかし、なによりも、懐かしくて、手になじむこの外観がすごくイイ。

バッファローコクヨサプライ BUFFALO USB接続 8ボタンゲームパッド デジタル 連射機能付 ファミコン風 レッド  BGCFC801RDAバッファローコクヨサプライ BUFFALO USB接続 8ボタンゲームパッド デジタル 連射機能付 ファミコン風 レッド BGCFC801RDA
(2007/08/01)
バッファローコクヨサプライ

商品詳細を見る

Ubuntuでスキャナから取り込む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

家にある電話、プリンタ、スキャナの複合機はBrotherのMFC830-CLNというやつ。

こいつをMacにUSB接続してみたら、イメージスキャナってGUIなソフトでパッと
読める事がわかってこの手軽さはまず良かったのだけど、
スキャンする範囲を手動で決めなきゃならなくて
何枚も取り込むのはめんどくさそうということも分かった。
CUIでReturn一発で読めるたらなぁと思って調べてみたら、
Linuxな環境でできそうな例をちらほら見かけたのでUbuntuなマシンで試してみた。

とりあえず sane が必要らしい。

$ sudo apt-get install sane xsane sane-utils

BrotherのサイトにUSB用のインストールの仕方が書いてあるので参考にする。
http://solutions.brother.co.jp/support/os/linux/scanner/install_usb.html

ドライバはココ。
http://solutions.brother.co.jp/support/os/linux/scanner/driver.html#brscan2

Ubuntuだとダウンロードしたファイルを開いたら
そのままインストーラが動いてインストールできた。
スキャンキーツールというのも入れてしまったが、要らないっぽい。

http://solutions.brother.co.jp/support/os/linux/scanner/scan_info2.html に書いてあるように

$ sudo vim /lib/udev/rules.d/40-libsane.rules

ATTRS{idVendor}..で始まるベンダー、モデル名のセクションの最後に

# Brother MFC-830CLN
ATTRS{idVendor}="04f9", ATTRS{idProduct}="0199", ENV{libsane_matched}="yes"

を追加して、再起動する。
idProductの所は省略可能っぽいが、brsaneconfig2 -d とすると、
対応モデル名の一覧が出てくるのでそれを参考に指定しておいた。

スキャンできるかのテストは xsane で行った。CUIにすると、

$ scanimage --format=tiff > out.tiff

これでOK。jpegにしたり加工は imagemagick あたりを使えばいいだろう。


 | HOME | 

Search

Recent Entries

Foot Print



Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。