CodingFirst

C言語、Perl、JavaScript、最近はPythonも。出来上がったものより、プログラムを書くことが好き。あと、スイーツ。

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacbookのUbuntuを11.04から11.10にアップグレードした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

MacbookでUbuntuを11.10のアップグレードした。
すんなりおわった。最近は安定してる...

Ubuntu11.10(Oneiric Ocelot)は10月13日にリリースされて、
アップグレードのダイアログが出たんで、そのまま続けただけって感じで終わった。

もし、アップグレードの通知が出ない場合は以下を参考にするとよさそう。
Ubuntu Tips/インストール/Ubuntu 11.10 へアップグレードを行うには

インストール中に flushplugin-downloader の失敗と出た場合

インストール中にダウンロード後のインストール中に、無線LANが切れたんだけど、
そのせいか flushplugin-downloader 失敗とでた。
たぶん、有線LANにしとけば失敗しないんだろうと思う。次回はそうしよう。
この復旧はインストール後にUbuntu Tweakで Adobe Flushを外す→追加で行った。

Enterキーに右クリックをマップする(11.04→11.10で方法が変わった)

マックのタッチパッドはボタンが1つで、右クリックは二本指でできるけど、
使用頻度の低い Enterキーにもマップする。

11.04の時は問題があってファイル名を .xmodmaprc にする必要があったが
今回は .Xmodmap でないと反映されなかった。

~/.Xmodmap が無ければ作り、以下の行を追加する。

keycode 104 = Pointer_Button3

次に、ユニバーサルアクセスの設定で、ポインター操作とクリックで、マウス・キーをオンにし、
再起動してログインしてEnterが右クリック扱いになってれば成功。

おまけ

Macbookのバージョンの確認

$ sudo dmidecode -s system-product-name
MacBook2,1

Ubuntuのバージョンの確認

$ lsb_release -idrc
Distributor ID:	Ubuntu
Description:	Ubuntu 11.10
Release:	11.10
Codename:	oneiric
スポンサーサイト

MacbookにUbuntu11.04をインストール直後に行ったことのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

先日、MacbookにSSDを換装した関係で、Ubuntu11.04をインストールしたが、
その際に困ったりしたことがあったのでまとめとく

Ubuntu11.04のアップデート・マネージャで「・・・の5行目が不正です」のエラーが出るのを直す

E:ソースリスト /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list の 5 行目が不正です (dist parse)

フォーラムに解決法が乗ってた。
Ubuntu日本語フォーラム / アップデートマネージャ初期化エラー
/etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list を以下に書き換えればよし。

- deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja natty
- deb-src http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja natty
+ deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja natty-non-free/
+ deb-src http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja natty-non-free/

Enterキーに右クリックをマップする

マックのタッチパッドはボタンが1つ。
右クリックは二本指でタップするんだけど操作性が悪い。
なので、使用頻度の低い Enterキーにマップする。

それには、~/.xmodmaprc を作成し、以下の行を追加する

keycode 104 = Pointer_Button3

注意: ファイル名を .Xmodmap にしないこと

キーボードの設定("keyboard"で検索)でマウス・キーで、
「キーボードでポインタを制御できるようにする」をチェック

ログイン後しばらくするとUnityパネルの表示がおかしくなる

インストール直後、画面上部のUnityパネルが黒ベースの色だったが、
ログインしてしばらくすると、白ベースな古いUIな色っぽく変わってしまう問題。

キーの再配置のために ~/.Xmodmap で作成すると発生するらしい。
対策としては下記のようにファイル名を変えればよい。

$ mv ~/.Xmodmap ~/.xmodmaprc

現象再現時に下記のコマンドで復帰するとの情報があったけど、
私の環境ではマウス(かタッチパッド)が動かなくなったので、ご注意を。

$ killall gnome-settings-daemon && gnome-settings-daemon 

Macbookのイヤホンから音が出るようにする

以前からそうなんだけど、何故かミュートされている。
なので、alsamixerを起動し、

$ alsamixer

右を2回押して Speaker 1 を選択し、m を押す。
MM から 00 に変わる。

20110622.png

ディレクトリ名がデスクトップとか日本語なのを英語に変える

端末で下記を実行

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

Ctrl-Alt-deleteでXサーバをkillできる設定

「キーボードの設定」→「レイアウト」→「Xサーバをkillするためのキーシーケンス」
「Control + Alt + Backspace」をチェック

音楽プレビューの無効化

「ホームフォルダ」→「編集」→「設定」→「プレビュー」
「サウンドファイルの演奏:しない」に設定

Ubuntu Tweakをインストールする

下記からdebを入手してインストール
https://launchpad.net/ubuntu-tweak/+download

Google Chromeのベータ版を使う

下記からdebを入手してインストール
http://www.google.com/intl/ja/landing/chrome/beta/

その他

この辺はお好みで。適宜追加する

$ sudo apt-get install vim exuberant-ctags
$ sudo apt-get install global lv nkf w3m
$ sudo apt-get install cvs git gitk git-svn subversion
$ sudo apt-get install avidemux imagemagick vlc ffmpeg lame x264
$ sudo /usr/share/doc/libdvdread4/install-css.sh
$ sudo apt-get install fetchmail procmail mutt
$ sudo apt-get nautilus-gksu nautilus-open-terminal
$ sudo apt-get libnotify-bin ttf-vlgothic 
$ sudo apt-get ibus-mozc

MacbookにSSDを換装し、MacとUbuntu11.04を入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

MacbookにSSDを換装し、Mac(Tiger)とUbuntu11.04を入れた。

(追記:そうそう。作業する前に Apple IDとパスワードを控えておいた方がいい)

SSDはINTEL SSD 320 SERIES 128GB。
付属品にUSB接続ケーブル、簡易的なケースが入ってるので外部接続もできて便利だ。
SSD

Macbookの裏蓋をコインなどで開ける(ケースのネジは外さなくていい)。
中の側面にネジが3つあるので外す。
眼鏡用の小さいドライバが丁度うまく使えた。
2011061902.jpg

左側にドライブがある。ドライブに取り出し用の白いシートが
巻き込んであるので、それを使って引っ張り出す。
2011061903.jpg

白いシート付きのケースにSSDを載せ替える。
このネジが特殊で専用ドライバが必要だけど、無かったのでマイナスドライバで
慎重に開けた。マイナスドライバは 2.4mmのが丁度はまった。
入れ替えは簡単なんだけど、中の側面のゴムが外れてしまって大変だった。
古くてシールが劣化してたのだろう。
2011061904.jpg

ネジしめて元に戻したら、OSを入れる。
「Mac OS X Install Disc 1」をドライブに入れて(8割位)、
「c」を押しながら電源を入れる。
2011061905.jpg

無事立ち上がった。ちょっとうれしい。
インストールを進める。
2011061906.jpg

Mac OSが立ち上がったら、SSDをフォーマットする。
ユーティリティからディスクユーティリティを立ち上げて、
パーティションからオプションでGUIDパーティションテーブルであることを確認と
ジャーナリングなしにすることを忘れずに。
2011061907.jpg

後はインストールを進めるんだけど、「カスタマイズ」から
不要なソフトを絞れるんだけど、15G位から3G弱まで減らせた。
そしたらDisc1だけでインストールができた

インストールが終わって再起動したら、早速 rEFItを入れる。
rEFItはMacbookでマルチブートするためのソフト。
rEFIt - An EFI Boot Menu and Toolkit
mac disk image」を選んでダウンロードして実行する。
2011061908.jpg

再起動すると、rEFItのメニューが出る。これでUbuntuをインストールする準備ができた。
Ubuntu 11.04 Desktop 日本語 Remix CD リリース | Ubuntu Japanese Team
から手に入れたisoイメージをディスクに焼いていれておけば、このメニューから起動できる。
2011061909.jpg

Ubuntuを試す」を選ぶ。
2011061910.jpg

左のメニューの+(プラス)の虫眼鏡から Gparted と書くと
Gpartedが出てくるので起動する。
/dev/sda2にMacOSが入ってるので、好きなサイズにリサイズする。
操作を実行するには「編集」から「保留中の全ての操作を適用する」を選ぶ。
2011061911.jpg

2011061912.jpg

あとはデスクトップにあるインストーラからインストールを進めるんだけど、
ここから先が...大変な事に。

インストール中にアップデートをダウンロードする、
サードパーティソフトウェアをインストールするをチェックし、
ディスク領域の割り当てでそれ以外を選ぶ。

空き領域を追加からext4でフォーマットする。
サイズを最大にして、利用方法をext4、マウントポイントを / にしてOKする。
インストール先は /dev/sda3 を選んで、
Device for bootloader instllationも /dev/sda3 を選ぶ。
進めるとスワップを作らない警告が出るけど、無視していい

時計はTokyo、
キーボードは USA から USA - Machintosh を選ぶ。

と、順調にインストールは進んだんだけど、
再起動したら再起動できない...
インストーラディスクを指しとくと起動はできた。
しかし、もう1度再起動しようとしたら rEFItのメニューから消えた...

以前に Ubuntuをインストールした際にも同じような現象があって
とりあえず 2回インストールしたらうまくインストールできたので
今回も試した。

もう1度、Ubuntuのインストーラを立ち上げて...
Ubuntu 11.04をアップグレードして Ubuntu 11.04をインストールする
を選んだ。インストールをし終わったら再起動する。
今度はインストーラディスクなしで起動できた!
何度か再起動したけど、大丈夫だった!
2011061913.jpg

早速、アップデート・マネージャからアップデートしようとしたら
エラーが出た。。
「E:ソースリスト /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.listの 5行目が不正です (dist parse)」

が、疲れたのでここまで。


Intel SSD 320 Series(Postville-Refresh) 2.5inch MLC 9.5mm 120GB バルクパッケージ SSDSA2CW120G310Intel SSD 320 Series(Postville-Refresh) 2.5inch MLC 9.5mm 120GB バルクパッケージ SSDSA2CW120G310
(2011/04/12)
インテル

商品詳細を見る

↑バルク品なのでたぶんUSB接続ケーブルとかは入ってないけどその分安いと思う。


UbuntuにApacheを入れる(2) ~CGIを使えるように

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

UbuntuにApache2を入れる、その2。
cgiを動かすとこまで

前回はこちら

とりあえず、index.htmlを作るのがめんどくさいので、 Indexesでディレクトリを表示する。

$ w3m -dump http://localhost/me/
Forbidden

You don't have permission to access /me/ on this server.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Apache/2.2.14 (Ubuntu) Server at localhost Port 80

Forbiddenが返ってくるので、エラーログをみる。

$ tail -1 /var/log/apache2/error.log
[Sun Mar 20 16:57:44 2011] [error] [client 127.0.0.1] Directory index forbidden by Options directive: /home/username/public_html/

Optionsが足りてないか。前回、.htaccessを許可しといたんで、

$ cat > .htaccess 
Options Indexes FollowSymLinks

$ w3m -dump http://localhost/me
Index of /me

[ICO]       Name         Last modified   Size Description
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[DIR] Parent Directory                      -  
[TXT] hello.html       20-Mar-2011 03:28   32  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Apache/2.2.14 (Ubuntu) Server at localhost Port 80

よし。
apache2.confで禁止してるので、.htaccessは見えなくなっている。
次は、CGI。

$ cat > hello.cgi 
#!/usr/bin/perl
print "Content-Type: text/plain\n\nhello\n";
$ chmod a+x hello.cgi
$ curl http://localhost/me/hello.cgi
#!/usr/bin/perl
print "Content-Type: text/plain\n\nhello\n";

CGIがそのまま表示されてしまう。
.htaccessを書き換える。

$ cat > .htaccess 
Options Indexes FollowSymLinks ExecCGI
AddHandler cgi-script .cgi .pl
$ curl http://localhost/me/hello.cgi
hello

よし、動いた。
もしうごかなかったら error.log を見て原因をググるべし。

さて、所感。

Apacheのインストールは、ひさびさにやったけどいろいろ変わっててびっくり。
ディストリ毎に違うのかな? まぁ...いいけどさ。
Apacheの設定は比較的簡単なんだけど、慣れないころはよくハマったので、
1つずつ確かめながらの作業風にしてみたんで、誰かの役にたてばいいな。

CGIだけど、当初 /var/www を public_html にシンボリックリンクはって、
CGI使う予定だったんだけどやめた。
動かなくてエラーログ見たらExecCGIが無効になってて、
/etc/apache2/sites-available/default で無効にしてるのが原因で、
やっかいな事に /etc/apache2/apache2.conf の記述的に最後だから、
書き換える必要が出たため。

書き換えるとサーバが変わったりする度にハマりやすいので、
userdir を使うのをおすすめする。
私がそうしなかったのは、blogに書く都合上、
ユーザ名とかそういうのを間違って出しそうだったんで Alias にしました。
(別に恥ずかしい名前つけてるわけではありません)




ApacheセキュリティApacheセキュリティ
(2005/10/17)
Ivan Ristic

商品詳細を見る

Apacheポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)Apacheポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)
(2010/04/10)
WINGS プロジェクト 高江 賢

商品詳細を見る

UbuntuにApacheを入れる(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

Ubuntu 10.04にapache2をインストールしてみた。
長くなりそうなので、まずは htmlを取得できるようにするまで。

まず、apacheだけど、
apatchじゃなくてapacheです!
とかいうと笑われるかな。結構、長い間、間違ってたもので...(笑)

では、本題。

apache2をインストールする。
1コマンドで簡単。

$ sudo apt-get install apache2
...

httpのテスト。サーバはGUIなしの事もあるだろうし、
CUIで試せたほうがいいかな。

$ curl http://localhost/
<html><body><h1>It works!</h1>
<p>This is the default web page for this server.</p>
<p>The web server software is running but no content has been added, yet.</p>
</body></html>

これでapacheが動いてて、httpでページが取得できたと。
昔はこのページが見えてますか?とかだった気がする。
これは、var/www/index.html を表示するよう設定されていた。

curlがなくてwgetだったら、

$ wget -O - http://localhost/
--2011-03-20 15:11:55--  http://localhost/
localhost をDNSに問いあわせています... ::1, 127.0.0.1
localhost|::1|:80 に接続しています... 失敗しました: Connection refused.
localhost|127.0.0.1|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 177 [text/html]
`STDOUT' に保存中

 0% [                                       ] 0           --.-K/s              <html><body><h1>It works!</h1>
<p>This is the default web page for this server.</p>
<p>The web server software is running but no content has been added, yet.</p>
</body></html>
100%[======================================>] 177         --.-K/s   時間 0s    

2011-03-20 15:11:55 (15.8 MB/s) - stdout へ出力完了 [177/177]

apache2の制御コマンドは、/etc/init.d/apache2
statusと、設定しなおしたあとに stop、start かな。使うとしたら。

$ sudo /etc/init.d/apache2 status
Apache is running (pid 7758).
$ sudo /etc/init.d/apache2 stop
 * Stopping web server apache2
apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.0.1 for ServerName
 ... waiting    ...done.
$ sudo /etc/init.d/apache2 start
 * Starting web server apache2
apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.0.1 for ServerName
   ...done.

apache2の設定関係。これは、/etc/apache2 にある。

$ ls -1 -F /etc/apache2/
apache2.conf    # 基本的な設定、ここは変更しないようにしたい。
httpd.conf      # 設定したければこっちに書く。けど、変更しない方針で。
conf.d/         # 細かい設定。サービス毎に書く場合は..かな。
ports.conf      # ポート毎。開いてるポート探す時に見るくらいかな。
envvars         # 環境変数。チェックしとこう。
magic
mods-available/  # モジュール毎の設定を書く。書かずに済ませたい。
mods-enabled/    # a2enmod でシンボリックリンクされる。 
sites-available/ # 仮想ホスト
sites-enabled/

次に、自分用の場所を作る。
apache2.conf読んだ限り、複数人用ならuserdir使うのが一番楽。
/var/www は sites-available で設定されてるので、
いちいち sites-available いじらなきゃいけない。

といいつつ、個人なので別解の Alias ですませる方法で。

$ sudo cat > /etc/apache2/conf.d/me
Alias /me /home/username/public_html
<Directory /home/username/public_html>
        AllowOverride All
</Directory>

$ sudo /etc/init.d/apache2 restart
 * Restarting web server apache2
apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.0.1 for ServerName
 ... waiting apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.0.1 for ServerName
   ...done.
$ mkdir ~/public_html
$ cd ~/public_html
$ cat > index.html
<html><body>hello</body></html>

$ curl http://localhost/~`whoami`/hello.html
<html><body>hello</body></html>

よし。htmlまでアクセスできましたね。続く。

参考:




Apacheクックブック 第2版 ―Webサーバ管理者のためのレシピ集Apacheクックブック 第2版 ―Webサーバ管理者のためのレシピ集
(2008/09/26)
Ken Coar、Rich Bowen 他

商品詳細を見る

ApacheハンドブックApacheハンドブック
(2003/09)
Ben Laurie、Peter Laurie 他

商品詳細を見る

 | HOME |  »

Search

Recent Entries

Foot Print



Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。