CodingFirst

C言語、Perl、JavaScript、最近はPythonも。出来上がったものより、プログラムを書くことが好き。あと、スイーツ。

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WSH2011でホームサーバーをつくってみる(インストール編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

Windows Home Server 2011のインストール。
インストールする際の注意点やはまったことなど。

インストール先のドライブがフォーマットされる。たぶんドライブ全体。
ドライブをフォーマットして、システム用のパーティション 60GB、
残りを別パーティションになるのが標準らしい。
もろもろのインストールが終わって 30G弱だったので残り 30GB。
ここにユーザ領域を置くのはきついな...
パーティションを切り直すか、ユーザ領域を移すか...悩むとこだ、後回し

リモートデスクトップで接続できる
Ubuntuからもつながった(RDP5)。これでサーバらしく思えてきた

HDMI経由のオーディオがならない
これにはかなりはまった。
やったのは、
1. ASRockのサイトから最新版のドライバを入手して、インストール。→効果なし
2. RealTeckのサイトから最新版のドライバを入手して、インストール。→効果なし
3. AMDのサイトから最新版のドライバを入手して、インストール。→音がなった
AMDのサイトがわかりづらかった。
"Support & Drivers" -> "Desktop Graphics" -> "Auto Detect and install"
と選んでインストールした。

HDMIで1080pが出ない
1420x1152だったかな..なんか微妙なサイズ。
結局、上記の「3」でドライバを差し替えたら出るようになった。

ユーザフォルダをD:\Usersに移す
Administratorとかシステム関係のアカウントはC:\Userでいいけど、
リモートデスクトップとかでログインするユーザは別のドライブにする。

1. 該当のユーザでログイン(orリモートログイン)し、ログアウトする。
C:\Users\tarou フォルダが作られる。
2. Administratorでログインし、D:に移動する
> move C:\Users\tarou D:\Users\tarou
> mklink /j C:\Users\tarou D:\Users\tarou

これで移動できた。
この移動の仕方はジャンクションを見るアプリがあるとうまく動かなそうなので、
セキュリティとかバックアップとかうまくいってるか、ちと様子みしないとな...
まぁ、しばらくこれで進めてみる


んー、なんだかしっくりこないが、次第に慣れるかな...

スポンサーサイト

WSH2011でホームサーバーをつくってみる(購入編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

Windows Home Server 2011でホームサーバーをつくってみた。
購入編。

PCケースは、岡谷エレクトロニクスのMX1203-BKにした。
高さが13cmと低いことと、
ドライブベイは光学x1(5in)、HDDx2(3.5in)搭載できるのが良かった。


OEC/岡谷エレクトロニクス Mini-ITXケース MX1203-BK ブラックOEC/岡谷エレクトロニクス Mini-ITXケース MX1203-BK ブラック
()
OEC

商品詳細を見る

ただ、ファンが少しうるさいかな。なんか別のに変えようかな..

続いて、マザーボード。
AsrockのE350M1/USB3にした。
UEFI付きの安めで探して決めたんだけど、ちょっとケチり過ぎたかな...


ASRock Fusion E350+A10M MiniITX USB3 E350M1/USB3ASRock Fusion E350+A10M MiniITX USB3 E350M1/USB3
()
ASROCK

商品詳細を見る

メモリはDDR3-1066とあったけど、売ってなかったのでDDR3-1333を購入。
ところが、動かしてBIOS見たところDDR3-1333となってて、問題なく使えてる。ラッキー。
(サスペンドは使う予定ないので試してないが)
それにしても4Gx2で5千円って、安くなったなぁ。


A-DATA DDR3-1333 8GB (4GB×2枚) CL9 DUALKIT SU3U1333C4G9-2A-DATA DDR3-1333 8GB (4GB×2枚) CL9 DUALKIT SU3U1333C4G9-2
(2010/07/09)
Adata

商品詳細を見る

ハードディスクは、SEAGATE 2TBを2台で1万ちょっとだった。
ホームサーバ目的に安くてでかくていい感じ。
(そういえば、SATAケーブル書い忘れてあとで泣きながら買いに行った)


Seagate Barracuda Green 3.5inch 2TB 64MB 5900rpm SATA6.0Gb/s ST2000DL003Seagate Barracuda Green 3.5inch 2TB 64MB 5900rpm SATA6.0Gb/s ST2000DL003
()
SEAGATE

商品詳細を見る

光学ドライブは、Pioneer BDR-206にした。
たまたまバルクでソフト付きで安かったので衝動買いしたが、
3千円のDVDで充分だった気がするし、ホームサーバなら外付けでも良かったな...


パイオニア SATA内蔵12倍速 BD/DVDライター ブラック BDR-206JBKパイオニア SATA内蔵12倍速 BD/DVDライター ブラック BDR-206JBK
(2010/10/25)
パイオニア

商品詳細を見る

WHS2011はDSP版を同時購入した。
この7千円が一番高く感じた(笑)


Microsoft/マイクロソフト Windows Home Server 2011 + USBカード バンドルセットMicrosoft/マイクロソフト Windows Home Server 2011 + USBカード バンドルセット
()
Microsoft/マイクロソフト

商品詳細を見る

さて、組み立て。特になんもなく組みあがったけど、
SATA電源が2個なので、変換ケーブルが1個必要だったのと、
SATAケーブルが2本買う必要があったのと、
ケースにスピーカが無かった事と、
光学ドライブのSATA電源、ケーブルはストレートじゃない方がいいかもなぁ(入ったけど)、
というかんじかな。


 | HOME | 

Search

Recent Entries

Foot Print



Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。