CodingFirst

C言語、Perl、JavaScript、最近はPythonも。出来上がったものより、プログラムを書くことが好き。あと、スイーツ。

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前方の目標直前まで移動するのは t と知った!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

vimで前方の目標文字まで移動するのは f<char>

(abcdefg) の a にカーソルがあるときに g まで消す時は、dfg でいいのだけど、私にはあまり直感的じゃなくて使ってなかった。

どっちかというと、(agggggg) で )の直前までをとにかく消したいという場合が多くて、df)i) とかしてた。なんだかストレスたまるので、どっちかというとvで、lで移動してから d してた。

これなんだけど、dt) でできるじゃん!

たまたま help f してみたら、真下に書いてあるじゃないか。

知らなかったー。これ知りたかったんだよねー

  • f{char} : 前方の char 文字まで移動
  • F{char} : 後方の char 文字まで移動
  • t{char} : 前方の char 直前まで移動
  • T{char} : 後方の char 直前まで移動
スポンサーサイト

VisVim

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

vimのMS Visual Studioとの連携について。あと、grepとかも。

まず、MS Visusual Studio のエディタとしてVimを実行することを"VisVim"と呼ぶらしい。
詳細は

 :help VisVim

外部ツールとしての登録の仕方などが書いてある。
私はVisualStudioからファイルを選択するのが面倒なので、
エクスプローラからファイルを選択するので、"--servername"は指定しない方が良さそう。

次に vimgrepについて。vim7からサポートだったかな?

:vim[grep] /hogehoge/j *.txt | cw
参考) ナレッジエース:VimでGrepする覚え書き 1/2 「内部grep」編

カレントウィンドウの時は *.txt→% で良かったはず。
保存してなくても良かった気がするが、ファイル名が決まってる必要があるので
新規バッファではダメだったかな(?)
/j オプションは知らなかった。検索後、最初にマッチした所にジャンプしないようにするオプション。
知っとくと便利そう!

cwが面倒な時は

au QuickfixCmdPost vimgrep cw

なんでもかんでも Quickfixを開くときは

au QuickfixCmdPost make,grep,grepadd,vimgrep copen
au QuickfixCmdPost l* lopen
参考) VimWiki:tips/66

がよさそう。cwはQuickfixウィンドウ、copenはただのウィンドウみたい..
違いはようわからん。cwならcclで閉じるのかな?

あと、バッファ全部のgrepは

:bufdo vimgrepadd /sometext/ %
参考) BigSky:意外と知られていないvimのtips(複数のバッファから検索結果一覧を作成する)

らしい。Quickfixをクリアするには

:cexpr ""

らしい。

vimgrepadd はちと面白かったけど、どっちかというと検索結果を絞りたいんで、
Bufdo→Quickfixdo とかしてみたい...
Quickfixウィンドウでサーチして結果が Quickfixに反映されればよさそう...
%の所にQuickfixとかカレントバッファ(ファイル名無しの)が指定できれば良さそうなんだけどな...

中途半端だがおしまい(笑)


ViIMproved‐Vim完全バイブルViIMproved‐Vim完全バイブル
(2004/05)
Steve Oualline、高橋 則利 他

商品詳細を見る

 | HOME | 

Search

Recent Entries

Foot Print



Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。