CodingFirst

C言語、Perl、JavaScript、最近はPythonも。出来上がったものより、プログラムを書くことが好き。あと、スイーツ。

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ImageMagickで撮った月食を1枚にまとめる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

たくさん撮った月食を1枚の画像にまとめる。
ImageMagickを使うとすごい簡単。

まず、月食を撮ったのが初だったので、撮り方のメモ。
オートフォーカスや測光を中央、
フォーカスを∞(無限大)、
手ブレ補正あり、
デジタルズームも使用、
画像サイズ、画質は最大、最高。
あとは撮りながら、ISO100、シャッタースピードを1/200位からはじめて
シャッタースピードを上げ下げして、
暗くて撮れないときは ISO値を上げた。

撮った画像はGimpで四角に切り出して TIFFで保存し、
ImageMagickのmontageコマンドで1枚のJPEGにまとめた。

$ montage -tile 4x2 -resize 100 -geometry +0+0 -shadow moon-*.tiff moon.jpg

で、まとまった画像。

moon.jpeg

正直、安く買ったコンデジで月がちゃんと写ったのに驚いた。
しかも三脚使わずに手ブレしまくりとコンディション最悪だったのに。
いろいろ設定があったのも良かったんだろうな。
普段はほとんどオートだけどそれだと全然撮れなかったし。
安いから侮ってたけど、見なおした(笑)。


カシオ計算機 カシオ デジタルカメラ HI-SPEED EXILIM EX-FC150GD ゴールド EX-FC150GDカシオ計算機 カシオ デジタルカメラ HI-SPEED EXILIM EX-FC150GD ゴールド EX-FC150GD
(2009/11/27)
カシオ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ImageMagickで複数画像を1枚に合成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

ImageMagickのmontageコマンドで
複数の画像を1枚にまとめてみた

ImageMagickが入ってれば簡単。

$ montage -tile 4x1 -resize 50% -geometry +0+0 \
-crop -10-10 -shadow 0.jpg 1.jpg 2.jpg 3.jpge out.png

出力したサンプルはこれ

110425.jpg

余分なオプションが結構あるけど

-tile 4x1
画像を横4、縦1に並べる。入力ファイル数が多いと複数のファイルが出力される。
-resize 50%
50%に縮小。
-geometry +0+0
枠線なしにする
-crop -20-20
外側から10px削る。ちょっとクローズアップ感がでるかも。
-shadow
影をつける
-quality 80
画像品質。デフォルトは92だったかな。下げるほどサイズダウン&荒くなる

単に週末ごはん食べに行った記録な記事でした。

参考サイト)


撮影日時がずれたファイルをexiftimeで直す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

なぜかデジカメで撮ったJPEGのExifの撮影日時が一日遅れていたので、直した。
exiftimeはexiftagsについてくる。以前にapt-getで入手済み。

$ sudo apt-get install exiftags

exiftimeで日時を調べた。

$ exiftime 20101008-232154.JPG 
Image Created: 2010:10:08 23:21:54
Image Generated: 2010:10:08 23:21:54
Image Digitized: 2010:10:08 23:21:54

一日ずれてたので、早くした。

$ exiftime -v+1d -w -f *.JPG
..
$ exiftime 20101008-232154.JPG 
Image Created: 2010:10:09 23:21:54
Image Generated: 2010:10:09 23:21:54
Image Digitized: 2010:10:09 23:21:54

おお!なおった!
※これでファイル名は別のツールで直した。


コマンドラインで簡単な時計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
$ while (seq 0) ; do echo -n `date`$'\r' && sleep 1  ; done

たまに秒単位で更新される時計が欲しくなってこう書く。
cron実行まだかなぁとか。


Macbookのバックアップをrsyncで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

Macbookのバックアップをした。

バックアップしたいデータは主に写真ファイル。
USBハードディスクにミラーリングが希望なんだけど、
お手軽なフリーソフトでそういうのが見つかってないので
前回同様 rsyncで差分バックアップをした。

まずは、こんな感じで dry-run。

rsync -n -av /path/to/local /path/to/backup/

local → backup/local への差分バックアップになる。

  • n dry-run
  • a 転送にアーカイブを用いる...ってマシン間でないから意味ないかも
  • v 転送ファイル名を表示

ファイルのリネームがちょこちょこあったので手作業で解決。

その後で、-n抜きで実行。

rsync -av /path/to/local /path/to/backup/

ん。まぁまぁいいけど、

もうちっといいツールにしたいとこだなぁ。


 | HOME | 

Search

Recent Entries

Foot Print



Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。