CodingFirst

C言語、Perl、JavaScript、最近はPythonも。出来上がったものより、プログラムを書くことが好き。あと、スイーツ。

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTMLのFile APIでTSVファイルをドラッグアンドドロップで表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

最近、HTMLには File APIなるものがあるらしいので練習。

TSVファイルをドラッグアンドドロップしたら表で表示できるようにしてみた。

FireFox 3.6とGoogle Chrome 9で動作確認できた。Google Chromeは起動オプションに 「--allow-file-access-from-files --unlimited-quota-for-files」が必要らしい。後ろのは要らないかも。

まず、プログラムのHTMLファイル。

これをブラウザで表示させると、

TSV view Screen Shot 1

そして、以下のようなファイル(拡張子は.tsv)をドラッグアンドドロップする

AAAA	1	2	3
BBBB	4	5	6
CCCC	7	8	9

すると、以下のように表に変換される

TSV view Screen Shot 2

できたできた。
ブラウザだとセキュリティ的な所が気になるけど、
こうやってローカルファイルが開けるのってやっぱりいいな。
簡単なツールはJavaScriptで書くと、
表示の整形は HTMLでしやすいし、
特別な事をしなくても使えるのがいいと思う。
いいかもしんない。JavaScript勉強しとくのは吉かも。

おまけ)
↓この本も欲しいんだよな...


JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティスJavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス
(2008/12/22)
Douglas Crockford

商品詳細を見る
スポンサーサイト


★☆★コメント★☆★

コメントの投稿

Name
Subject
Mail
URI
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iyukki.blog56.fc2.com/tb.php/115-b5c99804

 | HOME | 

Search

Recent Entries

Foot Print



Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。