CodingFirst

C言語、Perl、JavaScript、最近はPythonも。出来上がったものより、プログラムを書くことが好き。あと、スイーツ。

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードカバレッジとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

コードカバレッジ(網羅率)について調べた。

コードカバレッジはソースコードをどれだけ動かしてみたかの指標のこと。
有名どころのカバレッジは以下のもの。

Statement Coverage:
命令網羅、文網羅、C0とも言う。
ラインカバレッジと考えると手っ取り早い。

Decision Coverage:
分岐網羅、判定網羅、デシジョンカバレッジ、C1。
条件式(if文)の成立/不成立のカバレッジ。
命令網羅との違いはelseが無いとかの暗黙的な分岐の網羅が含まれる所かな?

Condition Coverage:
条件網羅、コンディションカバレッジ、C2。
条件式にある各条件の網羅。

Path Coverage:
経路網羅、パスカバレッジ。
全ての経路を通せたかどうか。

MC/DC Coverage:
Modified Condition/Decision Coverage。
分岐の各条件が判定(成立/不成立)にどれだけ関与したかの網羅。
一番現実的に経路網羅率を測れると考えられている。

とりあえず、有名なのは、C0、C1、C2で、
一番使われてるのが、ラインカバレッジ(C0)で、
高品質の指標として妥当なのは、MC/DC というところかな。

さて、gcc/gcov で実際にカバレッジをとろうかと思ったけど、
長そうなので次回。


ソフトウェア・テスト PRESS 総集編ソフトウェア・テスト PRESS 総集編
(2011/07/15)
ソフトウェア・テストPRESS編集部 編

商品詳細を見る
スポンサーサイト


★☆★コメント★☆★

コメントの投稿

Name
Subject
Mail
URI
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iyukki.blog56.fc2.com/tb.php/153-585a5bde

 | HOME | 

Search

Recent Entries

Foot Print



Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。