CodingFirst

C言語、Perl、JavaScript、最近はPythonも。出来上がったものより、プログラムを書くことが好き。あと、スイーツ。

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Subversion 1.6.0 Released

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

流行りは git。でも、仕事で使うのは Subversionという人が多い気がする。 さておいて、オレンジニュースで知ったんだけども、svn 1.6.0 がリリースされたので、ちょっと読んでみる

Compatibility Concerns

とりあえず上位互換してるみたい。

サーバ側は、dump load しなくても動くみたいで、なんかあったら svnadmin upgrade する感じでよさげ。

クライアント側は、ワーキングコピーが自動変換かかるので、TortoiseSVNとコマンドラインのsvnの両方を使う場合は同時にアップグレードしなきゃだめそう。

コマンドラインの出力メッセージが変った。proplist(--verbose)、status、update。ログ解析してる場合は要注意かな?

pre-lock hookがなんか変った。

New Features

パスワード関係。警告表示とOS連携とか...

コマンドラインで指定するパスなんだけど、^/ でリポジトリルートを指すようになった。svn ls ^/trunk...。これいいな~っ。

svn:externals で、ファイル指定ができるようになった。move/removeはできんが、copyはできるみたい。あとファイル名の空白にも対応らしい。

tree conflictの対応とあるけど、よくわからん。直感的な操作に近くなったってことだな(笑)

ファイルシステム関係は... Memcached対応がちょっち目をひいた!

Python binding関係...

Enhancements and Bugfixes

コマンドラインで conflictしたときに、TortoiseSVNのように mine, thierとか選択できるようになったので、楽になったっぽい。

コマンドラインで --exclude が増えた。checkoutの除外指定に使う。これは嬉しいかも

svnserveのログ機能

mod_dav_svnで URIの後ろに ?p=peg&r=rev を指定できるようになった。 メールで「当時のドキュメントはここにあります!」とリビジョン指定で示せるようになったんかな。まー確かに不便だなと思ってたとこだ。

-r のrev指定を複数できるようになった。

--trust-server-cert。httpsなのにサーバ証明書がダメなときに許容する

Subversion 1.4.x series no longer support

1.6になったし、そろそろ 1.4.x は勘弁してね。

New Dependency: SQLite

--with-sqlite を付けて makeしたら、svnで利用するらしい。 sqliteはやってる気がする。sqliteってお手軽で使いやすいもんね。


Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)Subversion実践入門:達人プログラマに学ぶバージョン管理(第2版)
(2007/04/21)
Mike Mason

商品詳細を見る
スポンサーサイト


★☆★コメント★☆★

コメントの投稿

Name
Subject
Mail
URI
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iyukki.blog56.fc2.com/tb.php/29-9768c4b9

 | HOME | 

Search

Recent Entries

Foot Print



Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。