CodingFirst

C言語、Perl、JavaScript、最近はPythonも。出来上がったものより、プログラムを書くことが好き。あと、スイーツ。

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USBメモリにpuppy linuxをインストールした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

Puppy Linuxは下記サイトからたどって pup-431JP.iso を入手。

Puppy Linux 日本語版 http://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/

作業中、いろいろ消しすぎたらしく、後でブートできなかったりいろいろあったので、
MBRの復旧など含めて、この手順でいいはず。尚、今回は FAT16 で。

最初に、dfでUSBメモリが /dev/sdb1 なのを確認。
umountして、fdisk で d -> n p 1 -> a 1 -> t 6 -> w

$ sudo dd if=/usr/lib/syslinux/mbr.bin of=/dev/sdb
$ sudo mkfs.vfat -v -c -F16 -n puppy /dev/sdb1
$ mkdir iso
$ sudo mount -t iso9660 -o loop pup-431JP.iso iso
$ mkdir usb
$ sudo mount -t vfat /dev/sdb1 usb
$ sudo cp iso/* usb/
$ sudo cat > usb/sysilnux.cfg
default puppy
label puppy
kernel vmlinuz
append initrd=initrd.gz pmedia=usbflash
timeout 5
$ sudo syslinux /dev/sdb1

作成したUSBメモリは、手持ちのeeePCだとブートできなかった。
BIOSでブートの優先順を変更してあるけど、SSDが選ばれてしまう。
だけど、電源投入時に ESC を押してブートするドライブを選んだらブートできた。
まぁ...いっか。(途中、ブートできた事もあったので、なんかブートできる条件があるみたい)

まぁ、何はともあれ、Puppy Linux が使えるようになった。よかったよかった。

512MBのUSBメモリだったんだけど、カーネルとかは100MB位で余裕っぽかったけど、
使用するには足りなそうな感じだった。
セッションを保存しないとかいろいろ設定すれば、
ちょっとWebブラウズ程度には使えるかな??

スポンサーサイト


★☆★コメント★☆★

コメントの投稿

Name
Subject
Mail
URI
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iyukki.blog56.fc2.com/tb.php/96-3d859fa2

 | HOME | 

Search

Recent Entries

Foot Print



Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。