CodingFirst

C言語、Perl、JavaScript、最近はPythonも。出来上がったものより、プログラムを書くことが好き。あと、スイーツ。

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JScriptでwgetのようなこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

Windowsでちょっとwgetのような事をしたいとき、
ソフトをダウンロードしなくても、JScriptでなんとかなる。
この手のスクリプトはそこらにゴロゴロしてるけど、自分用にメモっとく

スクリプトはgistに貼っといた

使い方はこんな感じ

> cscript //nologo urlget.js <url>

試したところ、urlにhttp://www.google.com/と入れるとダメだったけど、
http://www.google.co.jp/なら取得できた。
そういうものなんだなぁ。。

このスクリプト、IE上でJavaScriptとしても動くはずだけど、
IE上で動かすときはサーバ内のURLでないと読めないとか面倒くさくなるので、
バッチファイルとかに組み込んで使う用途と考えた方がいい。

それにしても、JScriptってどうも評判がいまいちで、知名度が低い。

バッチファイルが意外に強力なので大抵の事は事足りてしまうし、
複雑な事なら cygwinとかを導入しがち。
なら、JScriptって何ができるんだよと。

知ってれば便利だけど、学習するのが面倒なので、
こういう小スクリプトをためとくってのが丁度いい言語なのかな。。




JScriptハンドブック―Java Scriptを越えた最強のツールJScriptハンドブック―Java Scriptを越えた最強のツール
(2005/09)
佐藤 信正

商品詳細を見る

へー。JScript本ってあることはあるんだ



でも、勉強するならWSHだろう~


WSHクイックリファレンス 第2版WSHクイックリファレンス 第2版
(2006/10/24)
羽山 博

商品詳細を見る

JavaScriptでドラッグアンドドロップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

JavaScriptでドラッグアンドドロップするサンプル。
IE、Firefox、Chromeは動作するはず。

↓gistへのリンク

↓動作例

ここにファイルをドロップすると、
下にドロップしたファイル名を表示します。複数可です。



JavaScriptでなんか作り始めると、やっぱDOM本が欲しいな。
この本がなかなか好評みたい。定番本なのかな?


WebクリエイティブのためのDOM Scripting (Web Designing Books)WebクリエイティブのためのDOM Scripting (Web Designing Books)
(2007/04/20)
中村享介

商品詳細を見る

HTMLのFile APIでTSVファイルをドラッグアンドドロップで表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

最近、HTMLには File APIなるものがあるらしいので練習。

TSVファイルをドラッグアンドドロップしたら表で表示できるようにしてみた。

FireFox 3.6とGoogle Chrome 9で動作確認できた。Google Chromeは起動オプションに 「--allow-file-access-from-files --unlimited-quota-for-files」が必要らしい。後ろのは要らないかも。

まず、プログラムのHTMLファイル。

これをブラウザで表示させると、

TSV view Screen Shot 1

そして、以下のようなファイル(拡張子は.tsv)をドラッグアンドドロップする

AAAA	1	2	3
BBBB	4	5	6
CCCC	7	8	9

すると、以下のように表に変換される

TSV view Screen Shot 2

できたできた。
ブラウザだとセキュリティ的な所が気になるけど、
こうやってローカルファイルが開けるのってやっぱりいいな。
簡単なツールはJavaScriptで書くと、
表示の整形は HTMLでしやすいし、
特別な事をしなくても使えるのがいいと思う。
いいかもしんない。JavaScript勉強しとくのは吉かも。

おまけ)
↓この本も欲しいんだよな...


JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティスJavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス
(2008/12/22)
Douglas Crockford

商品詳細を見る

%25とかで読めないURLをなんとかする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

アクセス解析とかで、アクセス元がYahooだったり、Googleだったりする場合、検索キーワードが書いてあって面白い。

この時、URLで表示されるのは %E3%81%AB%E3%81%8F とかで読めないので、マウスをリンクの上に載せてステータスバーにでてくるのを見てたりする。

このURLなんだけど、サイトによってはステータスバーをみても、 %25E3%2581%25AB%25E3%2581%258F とか、読めないままで、%25ってなんだーと思ってた。

ふと、今日どこかでURLエンコードを複数回かける話を思い出して、もしかしたらと2回デコードしてみたら読めることに気づいた。

手作業で変換するのも面倒なので、html+javascriptで書いて保存しておいて使おう、というわけで書いておく。

<html><body><form>
<textarea id="s" rows="4" cols="40">%25E3%2581%25AB%25E3%2581%258F</textarea><br/>
<input type="button" value="dec"
 onclick="var o=document.getElementById('s');o.value=decodeURI(o.value);" />
<input type="button" value="enc"
 onclick="var o=document.getElementById('s');o.value=encodeURI(o.value);" />
</form></body></html>

decを2回押すと元の文字がでてくる。

でも、毎回そのページをHDDのどこぞから探して開いて、さらにコピペしたりするのも面倒な気もしたので、bookmarkletにできるようにしておく。

javascript:(function(){for each(var s in document.getElementsByTagName('a')){s.href=decodeURI(s.href)}})()

こんな感じかな。

hrefを直接書き換えてしまうので取扱い注意な感じ(?)


«  | HOME | 

Search

Recent Entries

Foot Print



Categories

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。